避妊薬アイピルを調べるカップル

アイピルと妊娠検査薬

アイピルとはアフターピルのことを言います。アイピルを、セックスの後72時間以内に服用することで着床を防ぐことが出来ます。アイピルを使用した後は必ず妊娠検査薬も使用してみましょう。

アイピル服用で妊娠は絶対に防げるのか

妊娠を防ぐためアイピルを服用する女性

避妊をし忘れてしまったり、避妊をしていたのにコンドームが破れたり外れたりしてしまうと妊娠してしまう可能性が出てきます。特に女性が排卵日付近の場合には妊娠する確率は排卵日付近よりも大きく上昇してしまうため、慌ててしまいます。そんな時に使えるのがアイピルです。アイピルは避妊に失敗した時に飲むことで女性ホルモンのバランスを変化させて排卵をストップさせたり受精卵が着床する子宮内膜を剥がして、妊娠を防ぐことができます。72時間以内に飲むことで有効性があると言われていおり、飲む錠剤も1錠だけで良いという手軽さです。日本では産婦人科など病院で処方されており、処方の際には健康保険が使えず1錠で10000円前後の費用が掛かってしまいます。望まない妊娠をしてしまって中絶を行わなければならない場合には20倍以上もの費用が掛かるので避妊に失敗して妊娠したくないという場合には服用しておいた方が良いでしょう。しかし、アイピルを飲んでいたからと言って妊娠を100%防ぐことは不可能だと言われています。避妊に失敗してしまってから24時間以内に服用すれば避妊の確率は約95%、72時間以内では約75%の有効性があり、時間が経てばたつほど妊娠する確率は上がってしまうと言われています。アイピルは「絶対に妊娠を防ぐ」のではなく「妊娠してしまう確率を下げる」ものになります。女性ホルモンのバランスを大きく崩してしまうため、女性の身体に大きな負担がかかってしまうものになるので、性交渉のたびに飲むものではありません。避妊に失敗した時に緊急で飲む用途のものだということは理解しておきましょう。妊娠を避けるためには毎日飲む低用量ピルを利用した方が確実です。低用量ピルは飲み忘れさえしなければ100%に近い確率で妊娠を防ぐことが可能です。

アイピルは妊娠は防げるが性感染症は防げない

アイピルは性感染症を防げないことを知り、考えるカップル

アイピルの避妊効果というのは非常に高いものがあり、正しく服用をすれば確実に近い確率で避妊をすることができます。そのため、絶対に妊娠をしたくないという時には非常に心強い薬となっているのですが、気をつけなければならないのは性感染症を防ぐことはできないということです。コンドームをつけると性感染症予防になると言われるのは、物理的に性器の接触を避けることができるためそこから菌やウイルスが進入するのを防ぐことができるためです。しかし、アイピルのような経口避妊薬の場合精液が膣内に入ってきても妊娠をしないようにするだけの効果しかなく、菌やウイルスは侵入し放題ということになるので性感染症を防ぐことはできないのです。アイピルは精子などを殺す作用があるわけではなく、排卵を止めたり妊娠をしにくい体にする薬であることから体内に入り込んできた精子や菌にウイルスなどを殺すことはできませんから、性感染症の原因となるものが入り込んできた場合感染してしまうおそれがあるのです。特定のパートナーと性行為をして性感染症の恐れがないという時には、コンドームを着用する必要もありませんが風俗店などで働く女性が万が一の妊娠を避けるために、使用をする場合には性感染症予防のために必ずコンドームをつけるようにしましょう。望まぬ妊娠は取り返しのつかないものとなってしまいますから、絶対に避けなければなりませんが性感染症もどうようにエイズのような不治の病におかされると取り返しのつかない事になってしまうので、妊娠をしないからといってコンドームを着けずに性行為をするのではなく不特定多数の相手と性行為をする場合には妊娠の恐れがなくても必ずコンドームをつけるようにしましょう。

アイピルと妊娠検査薬はセットで持っておこう

アイピルと妊娠検査薬について説明する女性

妊娠はまだしたくないけれど避妊に失敗してしまって妊娠の可能性がある、という時に利用するのがアイピルです。排卵を遅くしたり受精卵が着床する子宮内膜を着床しにくい状態にしてしまうことで妊娠を防止する効果があります。妊娠してしまってからでは効果がなくなるので、避妊に失敗してから72時間以内に飲まなければいけません。アイピルを飲んでから3日~20日ほどの間に消退出血が起これば、今回は妊娠していないということになります。消退出血はアイピルでホルモンのバランスを変えたことで人工的に起こした生理のことで、受精卵が着床しないように剥がした子宮内膜です。子宮内膜は受精卵のベッドとも言われているもののため、受精卵が着床しなければ排出されてしまうものなのです。しかし消退出血が起こるまで長い場合で約3週間もかかってしまうので本当に妊娠していないかどうか心配になってしまいます。そんな時のためにアイピルと一緒に妊娠検査薬を持っておくと良いでしょう。妊娠検査薬は尿の中のホルモン量から妊娠しているかどうかをチェックすることができます。アイピルを飲んだけれど消退出血が来ないから不安だという人は、妊娠検査薬でチェックしてみましょう。妊娠検査薬は性交渉を行った日プラス一週間後から検査が行えると言われていますが、個人差もあります。一般的なものは尿の中のホルモン濃度が高くなければ妊娠しているかどうかのチェックができませんが、一般的なものよりも低いホルモン濃度でもチェックすることができる早期妊娠検査薬もあります。早期妊娠検査薬は性交渉を行った日から2~3日ほどからチェックすることができるので、一日でも早く知りたいという場合には早期妊娠検査薬を利用すると良いでしょう。